企画意図

【リスタ―ト=再出発】する、すべてのひとへ


2019年の秋、わたしは自身が演出するミュージックビデオに出演して頂く演者さんを募集していました。

それはたいへん小規模な作品でしたが、多数のご応募を頂きました。

その時、募集開始とともに真っ先に応募をしてくださったおひとりのメールに目が止まりました。

それが、今回の映画の主人公、片平ひとみ役を演じる「近藤郁」さんでした。


その理由は、約300本のアダルト作品に出演したという経歴ではなく、

「AVではない映像作品に出演して、自分の可能性を見極めてみたいのです」

という一文がわたしの心に刺さったからでした。


その想いが本当ならば、もっと話を聞いてみたい――、

そう思ったわたしは、すぐに近藤さんにメールを返信し、間もなくしてこの企画に至りました。


映画のテーマは、[リスタ―ト=再出発]です。

人生はやり直しはできないものです。しかし、新しい挑戦や新しい生き方は、

あきらめない限り、誰でも、何度でも、いつまでもできるものだと信じています。


わたし自身、映画監督を夢見て上京して以来、幾度となく挫折し、

そのたびに再出発を繰り返し表現の道を模索し続けています。


これから[リスタート]するひと、心のなかに[リスタート]を期するひと、

すべてのひとの背をそっとあたたかく押すような映画を企画いたしました。


企画・脚本 難波望